読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落ジブンのジブログ

興味の赴くままに我が道を行く成長と後退の記録

夏みかんって実は一年中実りっぱなしだった件



夏みかんの収穫を手伝ってきました。

今まで夏みかんを食べることはあれど、どういう風に成長していくかを考えたことはなかった自分ですが、まさかの事実に驚きました。



f:id:jibuntoxxx:20170506115033j:image

 

 

 花が咲いてから食べ頃になるまで約一年

いま木に実ってるものは全て昨年夏に咲かせた花から成長した果実だそうで、昨年の秋には見た目として食べれそうな黄色だけれど、一冬越さないと酸っぱくて食べられないのだとか。

 

ちなみに、今年の花はまだ蕾が多かったのですが、僅かに咲いているものもあって、周辺には名前も知らない蝶々が飛び交っていました。

f:id:jibuntoxxx:20170506114801j:image

もしこのまま夏みかんを収穫せずに放っておくと、昨年の果実と今年の果実が同じ木に同時に存在していることになるので、代々続くという意味で「夏代々、夏橙(なつだいただい)」とも呼ばれている、樹木の中でも珍しいタイプみたいです。

食べる側からしたら甘いか酸っぱいか二択のロシアンルーレットですけどね。

 

収穫時期

食べ頃になるのは4月下旬から5月下旬頃です。ただし、あまりにも収穫が遅くなりすぎると果実の水分が少なくなってパサパサしてしまうので要注意。

また、寒い地域の場合は冬の間に収穫して春まで寝かせておくという形で酸味を取る方法もあるようです。

 

薬効
  • 疲労回復

クエン酸が疲労の原因である乳酸を分解してエネルギー代謝を円滑にしてくれる

上と同様に、クエン酸が動脈の乳酸も分解

  • 神経痛・リューマチ・美肌

夏みかん風呂など、皮に含まれるペクチン精油成分が溶け出した湯に浸かれば効果あり

  • 便秘解消

皮を利用した料理(マーマレードなど)を食すと、ペクチンの働きで腸内を活発にしてくれる

 
f:id:jibuntoxxx:20170506170643j:image

 

普段はパソコンに向かっている自分ですが、たまには自然に目を向けてみるのも新たな発見があって面白いですね。

 

御馳走様でした。