読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自堕落ジブンのジブログ

興味の赴くままに我が道を行く成長と後退の記録

プログラミングが嫌いな就活生でもSEになって問題ない



仕事上、就活生と話す機会が増えた2年目の春。

プログラミングが嫌いだけど大丈夫ですか」という質問を受けた。

 

 

自分自身が就活をしていたときも、SEというと総じてプログラミングをするイメージがあった。

というか、そのイメージしかなかった。

一日中、自分のデスクでディスプレイと睨めっこしながら素早いタイピングといった感じ。

 

 

アプリ開発SEならプログラミングは必須

 

自分はアプリ開発系のSEだから他分野のSEに関しては深く知らないけれど、実際に研修ではプログラミングをガッツリ勉強したし、現場に配属されてからも数年はプログラミングからは逃れられないと思った方が良い。

 

何故と言われると、ITの力で何ができるかを知らない人間がお客様に対して良い提案をスピーディーにできるかと言われると、正直難しいからだ。

 

ただ、「プログラミングが嫌い」という前提条件が就職後も続くかどうかは分からないし、案外、今までの勉強方法が悪かっただけで、研修を受ける内に好きになってくるかもしれない。

何せ人は変わる生き物だから。

 

例えその考えが変わらなかったとしても、SEって就活生が思ってるほど単純な職種じゃない。

だからこそ、IT業界に興味さえあれば「プログラミングが嫌い」ということも強みにできるんじゃないだろうか。

 

面接で強みにできる

「プログラミングが嫌い」の理由をちゃんと考えて、その対策や利点を面接で話せばちゃんと自己アピールになるし、印象に残りやすい。

嫌いなんて言う人は少ないし、じゃあなんでうちの面接来たんだって興味を持たせたら、あとはもう就活生のペースで話を掘り下げれば良い。

 

コードが分かり難いから嫌いだ、というのであれば、分かりやすいコーディングのために自分なりのルールやマニュアルを作ったなどと語れば良いし、コーディングの時間が嫌いなのであれば、どうすればその時間を短くできるかを考えたと話せば良い。

なんでも考えようでアピールになる。こじつけでも良い。

 

SEははっきりとした物言いができる方が向いているから、きっと評価されると自分は思う。

 

 

そもそもSEとは何か

簡単に言うと、お客様の“困った”をITの力で解決するのがお仕事。

 

仕事の主な流れは以下の通り。

  1. ニーズの発掘
  2. お客様の要件を引き出し整理する
  3. 解決策や工数・価格を見積もる
  4. お客様にソリューションを提案する
  5. 受注後、作業を割り振って進捗を管理する
  6. 作成物が仕様通りに動作するかテストする
  7. お客様先でのテスト期間を設ける
  8. 本稼働後のサポート・保守
  9. 新たなニーズの創出

 

お客様との打ち合わせや社内・外注先での進捗管理、ドキュメント資料の作成など、プログラミングよりも人間同士のやりとりやその時に使う資料の作成が大半を占めるのが実際のところだ。

 

ただし、全員が同じ仕事をするわけではなく、SEにも様々な種類がある。

 

お客様先へ赴いて仕事を取ってくるのが得意な人もいれば、提案するのが得意な者もいるし、提案よりもプログラミングが得意な者もいる。

はたまた、社内で営業のサポートをする者もいるし、お客様ではなく他社ベンダーと協働して新しいサービスを始める場合もある。

新人教育だってそうだ。SEだからこそSEを育てやすい。

 

また、キャリア形成において、特定分野のスペシャリストになるか、マルチに仕事をこなせる人材になるか、という選択もSEとしてどう成長していくかのターニングポイントと成り得る。

 

SEという型が用意されてるのではなく、経験やキャリアプランに応じて、自分という型のSEを構築していくことができる職種なのかなぁと自分は考えている。

 

 

結論

様々な種類のSEが居るからこそ、例え「プログラミングが嫌い」でも活躍できる場はいくらでもあるし、それを強みという武器にも変えられる。

 

座談会では直接伝えきれなかったけれど、こんな風に自分は考えてるということをまとめてみました。

 

以上、お粗末様でした。